山と海のジビエが楽しめる!?渋谷駅近イタリアン《トラットリア・ドーニ》の【ワインと楽しむ 新感覚ジビエ料理フェア】

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
  • ブックマークする
  • クリップする

秋といえば、気になるグルメ「ジビエ」

ここ数年で浸透してきた、新たな秋のグルメ「ジビエ」。

日本では狩猟解禁が例年11月〜なので、秋から鹿や猪などの肉を使ったジビエ料理を提供する店が増えてきます。

ジビエといえば一見、「獣くさい?」「クセがありそう」といったイメージですが、

最近では新鮮なジビエの肉が手に入ることもあり、美味しく味わえるようになりました。

また牛肉などに比べてジビエ肉は高タンパク・低カロリーなので、

ヘルシーでダイエットや美容にも効果的なところも嬉しいですよね。

「ワインと楽しむ 新感覚ジビエ料理フェア」へ

そんな今話題のジビエ肉を味わいに、渋谷駅近の隠れ家イタリアン《トラットリア・ドーニ》の【ワインと楽しむ 新感覚ジビエ料理フェア】へ行くことに。

ワイン好きの友達に「ジビエ食べにに行かない?」と誘われたんですが、

なんでも山と海のジビエが味わえるのだとか。

どんな料理がいただけるのか、とっても楽しみです。

hp_awajishima
tel

当日お店に行ってみました

渋谷のマークシティ横の坂道を登っていくと、3分ほどで到着。

とっても駅近なのが嬉しい!

ちょっと奥まった場所にあって、”隠れ家”っぽい雰囲気のイタリアンです。

まずは乾杯!

今日はワインとジビエを食べに来たんですが、

「やっぱり乾杯はビールで」ということでビールで乾杯しました。笑

メニューを見ながら、どの料理を注文しようか考えます。

「ジビエはメインにもちろん頼むけど、ビールもあることだしまず何頼もうか?

結構いろんな料理があるねー。アクアパッツァが5種類もあるんだ!迷うー」

こちらはお通しの「淡路玉ねぎのオーブン焼き」。

ソースはボロネーゼ・アンチョビ・ジェノベーゼの3種類から選べるので、

女性に人気というジェノベーゼソースでいただきました!

オーブンでじっくり焼かれた淡路玉ねぎは、柔らかくてとっても甘い!

パンも付くので、バジルソースを付けていただけます。

tel

ワインに合わせてオーダーしたい料理はこちら

じゃーん!

こちらはこのお店の名物「ざるみせ」。

このお店は淡路島産の素材にこだわっていて、

淡路島からその日直送された魚をざるに盛って席まで持ってきてくれるんです。

その日水揚げされたばかりの魚は、ピカピカで新鮮そのもの!

この中から好きな魚を選んで、調理法を店員さんに相談しつつ自分で決められるのが楽しい。

今旬でおすすめという秋鮭で、「アクアパッツァ」を作ってもらうことにしました!

ワインに合うよう、5種の中からクリーム味でオーダー。

hp_awajishima
tel

そろそろビールもなくなってきたしということで、まずは白ワインをグラスで。

こちらは、〈カンティナ・ラヴォラータ インソムニア〉。

さっぱりした飲み口で飲みやすい味わいです。

ワインに合わせて軽くつまみるものを、と注文した「フォワグラと鶏白レバーのムース」。

付け合わせのプルーンの赤ワイン煮の酸味が、

コクのあるムースのアクセントになって美味しい

tel

先程ざるみせから注文した、「秋鮭のアクアパッツァ」。

旬の秋鮭やアサリ、ムール貝、ジャガイモやレンコンなど具材がたっぷり。

鮭や貝の旨味が溶け出したクリーム味のスープは絶品

ジャガイモもほくほく!

間違いなくワインが進みます。

tel

そして、いよいよジビエが登場!

こちらが「海のジビエ」、「淡路島の近海のジビエ”鮫”と淡路じゃがいものフィッシュ&チップス」。

いよいよ初体験のジビエ「サメ」!どんな味がするんだろう…。ドキドキ。

食べてみると、意外とクセがなくて普通の白身魚のような味わい

ジューシーに、カリッと揚げられています。

まだ残っていたので白ワインでいただいちゃいましたが、

本当はスパークリングワインがおすすめとのこと。

揚げ物に炭酸は確かに相性良さそうですよね!

tel
hp_awajishima

そろそろ「蝦夷鹿のバラ肉の赤ワイン煮込み」ができるということで、

次は赤ワインのグラスを注文。

白と同じ銘柄の〈カンティナ・ラヴォラータ インソムニア〉。

渋みが抑えめ、果実味が爽やかで飲みやすいです。

こちらが「山のジビエ」、「蝦夷鹿のバラ肉の赤ワイン煮込み」。

食べてみると臭みは全くなく、じっくり煮込まれ深い旨味がぎゅっと詰まった味わい

程よくボリュームがあって、食べ応えのある肉でした。

重すぎないソースなので、爽やかなこの赤ワインがぴったり合います。

ちょっと珍しい、「淡路野菜と秋鮭のアヒージョ」。

鮭をアヒージョでいただくなんて、初めてで新鮮!

バケットにオイルをつけて味わうと、

鮭の旨味がたっぷり溶け出てとっても美味しい

鮭って良い出汁が出るんだなー。

hp_awajishima
tel

いよいよ本日のメイン・ジビエ!

こちらは、「蝦夷鹿モモ肉のロースト 〜赤ワインソース〜」。

この肉の赤い色、これぞジビエ!という感じですね。

この料理に合わせるならとおすすめされたのが、

赤ワインのグラスで、銘柄は〈キャンティ サン・マルティーノ〉。

メインのジビエ肉に合うような、しっかりした深みのある飲みごたえがあるワイン。

ワインも用意して準備万端!

蝦夷鹿モモ肉のロースト 〜赤ワインソース〜」をいただきます。

レア感たっぷりに仕上げられた蝦夷鹿の肉は、新鮮で臭みは全くありません

鹿特有のジビエの味わいに、しっかり深みのある味わいの赤ワインが受け止めてくれます。

hp_awajishima
tel

最後に〆はこちら

こちら「秋鮭のアクアパッツァ」で余ったソースに絡めて、

オーブンで熱して味を染み込ませたパスタなんです!

アクアパッツァ」は、こんな風に〆でパスタやリゾットにするのがおすすめだそう。

パスタの麺も淡路島で創業100年の専門店の生パスタを使っていて、

モチモチつるつる食感でとっても美味しい

もちろん鮭の出汁がたっぷり溶け出したクリームも、たまらない美味しさ

最後に〆パスタまで味わって、とっても満足しました。

tel

ジビエとワインをたっぷり楽しむなら

今回行った《トラットリア・ドーニ》の【ワインと楽しむ 新感覚ジビエ料理フェア】、

海のジビエ「淡路近海の鮫」と山のジビエ「北海道直送の蝦夷鹿」のいろんな料理と、

それに合わせたおすすめワインがいただけてとっても満喫できました!

ジビエ以外にもワインに合う、淡路島産素材にこだわった料理が揃っていて楽しめます。

ぜひこの機会に、【ワインと楽しむ 新感覚ジビエ料理フェア】を開催中の《トラットリア・ドーニ》へ行ってみてください!

============== さらに!おトク情報 ===============

①《トラットリア・ドーニ》へご来店時に「ブログを見た、ホームページを見た」とスタッフに伝えていただくと、ジビエフェア商品を1グループにつき1点プレゼントいたします!

②Instagramで《トラットリア・ドーニ》来店時に撮影した画像に「#トラットリアドーニ #淡路島 #渋谷」とつけて投稿し、その画像をスタッフに見せていただくと、1人につきジビエ商品1品プレゼント

 ①②両方お伝えいただいた方には、ジビエ商品2品プレゼントしちゃいます!

hp_awajishima
tel

※この記事は広告です。
トラットリア・ドーニ 渋谷道玄坂店様ご協力ありがとうございました。
<<店舗情報>>
  • 目的シーン:女子会、デート、友人・知人・同僚、宴会
  • 駅からのアクセス:JR渋谷駅 徒歩7分 京王井の頭線渋谷駅 徒歩3分 駅から384m
  • 金額:¥3,000~¥3,999
  • 時間:L) 11:30~14:30 [月~金] D) 17:30~23:30 [土・日・祝日] D) 17:00~23:00
  • 定休日:年末年始、お盆
  • TEL:050-7542-8907
  • 住所:東京都渋谷区道玄坂1-14-9 ソシアル道玄坂 1F

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

     
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
     
  • 女子会、デート、友人・知人・同僚、宴会
  •  
  • JR渋谷駅 徒歩7分 京王井の頭線渋谷駅 徒歩3分 駅から384m
  •  
  • ¥3,000~¥3,999
  •  
  • L) 11:30~14:30 [月~金] D) 17:30~23:30 [土・日・祝日] D) 17:00~23:00
  •  
  • 年末年始、お盆
  •  
  • 050-7542-8907
  •  
  • 東京都渋谷区道玄坂1-14-9 ソシアル道玄坂 1F
  •